眉毛 ニキビ

眉毛のニキビ 原因と治し方

眉毛のニキビというのはやっかいです。
きちんと治すには、原因を正しく把握することが大事です。

 

眉毛のニキビの原因

 

原因1:異常角化

 

眉毛のニキビ・できものができる原因は、「異常角化」です。
角質が厚くなって毛穴が狭くなると、皮脂が毛穴から上手く出ていきません。

 

そうすると毛穴の中に皮脂が大量に溜まることになり、
皮脂が好物のアクネ菌がやってきてしまいます。

 

その結果、原因菌となる活性酵素を大量に作ってしまうのです。

 

これが異常角化で、原因は複雑に絡み合っています。
ホルモンの乱れ、乾燥、ストレス、食事、内臓、睡眠、タバコなど・・・。

 

複合的な原因で異常角化を形成することになり、
皮脂つまりを起こし、眉毛にニキビ・できものができてしまうのです。

 

原因2:外部からの刺激

 

手で擦ったりなどの外部からの刺激も、
眉毛のニキビ・できものの原因になります。

 

正しい手順でしないと肌が傷つき、肌表面にある皮脂膜が崩れ、
肌の内部に細菌やウイルスが侵入します。

 

細菌が肌の中に入るとそれを除去しようとして、
白血球が出向いて炎症が起こってしまい、吹き出物を誘発します。

 

原因3:皮脂酸化

 

「皮脂酸化」も原因の1つです。

 

異常角化とコメド形成、活性酸素が、
皮脂酸化を起こす原因になります。

 

眉毛のニキビ・できものは生活習慣とも関わっていて、
食事、運動、睡眠がバランスよく取れていないと、できものができやすくなります。

 

眉毛のニキビがなかなか治らない理由は、異常角化、外部からの刺激、皮脂酸化、
そして生活習慣などの様々な原因が複雑に絡み合っているからです。

 

眉毛のニキビは多くの場合、脂性肌と乾燥肌が組み合わされていて、
眉の上下にもデキモノができやすい特徴があります。

 

2つの性質を持ち合わせているので、眉毛のニキビは、
しっかり洗顔ケアをしていく必要があります。

 

眉毛のニキビの治し方

 

眉毛のニキビの治し方は、洗顔ケアがもっとも効果的です。
洗う場所ごとにやり方を少し変えるのがポイントになります。

 

Tゾーンには、よく石鹸を泡立て、
手のひらで余分な皮脂をしっかり落とすようにします。

 

眉毛のニキビに対しては、Uゾーンの洗い方とは変えるのがおすすめで、
それでかなり肌の感じが違ってきます。

 

Uゾーンを洗顔する場合は、よく石鹸で泡を立て、
その泡を顔に乗せるようにおいて、手で泡を少し動かして洗顔するようにします。

 

泡立てるところまでは、Tゾーンと同じですが、洗顔作業は軽く行います。
皮脂を泡で転がすようなイメージで洗顔します。

 

Uゾーンは洗いすぎると、乾燥しやすく、外部からの刺激を受けやすくなるからです。

 

眉毛ニキビの治し方のまとめ:正しい洗顔方法

 

Uゾーンの場合、泡を動かしてゆっくり洗うようにします。
一方、Tゾーン、つまり眉の上下に関しては、泡を当ててしっかり洗うことです。